年間イベント

喜多方で行われる年間イベントを紹介しています。


全てのイベント

中村彼岸獅子舞

喜多方の伝統芸能の一つ、中村彼岸獅子舞が今年も春を告げに演舞をします。

詳しくはこちら

下柴彼岸獅子舞

春を告げる下柴の彼岸獅子が開催されます。
郷土に伝わる伝統芸能を見ながら、春の訪れを感じてみませんか?
なお、天候等により中止になる場合。

詳しくはこちら


塩川三大お肉グルメフェア in さくらまつり

きたかた喜楽里博オープニングイベント(塩川エリア)

詳しくはこちら


第72期名人戦記念将棋大会 きたかた喜楽里杯

喜多方市で開催される名人戦を記念して将棋大会を開催します。優勝者には豪華記念品をご用意しています。

詳しくはこちら

【満員御礼】2014 蔵のまち喜多方桜ウォーク

【満員御礼】
 当初、4月18日(金)応募締め切りとしておりましたが、応募者が定員の2,000名に達しましたので、募集を締め切らせていただきます。
 なお、当日は事前申込者のみの受付となりますので、ご了承いただければと思います。

 日中線記念自転車歩行者道に植樹された約3キロにわたるしだれ桜の並木道を、春の風を感じながら歩いてみませんか?
 コースは5km、10kmに加え、小さいお子さん連れにも参加しやすい2kmを設定します。

詳しくはこちら

ふくしま応援自由演奏会@喜多方

★☆自由演奏会とは☆★
年齢・性別・演奏レベルなどの枠を超え、音楽と楽器が好きな方なら誰でも自由に演奏に参加できるコンサートです。
当日集まった人たちでリハーサルからコンサート本番までを作り上げます。楽譜は吹奏楽用を使用し、当日配布、終了後回収します。

詳しくはこちら

鳥屋山山開き

「鳥屋山」は、一等三角点を持つ標高580.6mの山で、家族連れや子供達に人気のハイキングコースです。 山麓にはカタクリの群生地もあり、4月下旬頃が見ごろです。
下山後、「たかさと小町太鼓」による演奏。また、漆窪地区集会施設前テントにて、飲み物等の無料配布・お楽しみ抽選会を行います。 テント内では、かけそば・餅(きなこ、あんこ)や特産品等の販売もいたします。
喜多方市内で開催する4つの山開き【4/27(日)鳥屋山、4/29(火)大仏山、5/3(土)黒森山(熱塩加納ルート)、5/5(月)黒森山(山都ルート)】に参加し、スタンプを2つ以上集めると抽選でプレゼントを贈呈します。

詳しくはこちら


南原堤桜まつり

 雄国山麓の裾野に広がる「南原堤」は、自然にあふれ、住んだ空気とすばらしい景色が楽しめます。
 野趣あふれるイベント盛りだくさんで、皆様をお待ちしております。

詳しくはこちら

日中線記念館さくらまつり

西洋建築で建てられた趣きのある駅舎と桜との、ノスタルジックな雰囲気をお楽しみください。

詳しくはこちら

黒森山春登山(熱塩加納)

くじら山の愛称で親しまれている標高917mの黒森山。残雪の間にイワウチワの花が咲く登山道、飯豊山や磐梯山、猪苗代湖の眺望が楽しめます。頂上では黒森山ならではの当日お楽しみプレゼントもあります。

詳しくはこちら

ふれあい通り春の歩行者天国

毎年こどもの日に行われているイベントです。
子どもが楽しめるのはもちろんのこと、親子でも楽しめる様々な催しをご用意しています。

詳しくはこちら

さくらまつり(御殿場公園)

会津藩所縁の「御殿場公園」に約200本の染井吉野が咲き誇ります。
期間中は、ライトアップされ、幻想的な姿を見ることができます。

詳しくはこちら

【第72期 名人戦タイアップ企画】 詰将棋ウォークラリー

喜多方市内40ヶ所の協賛店に設置された詰将棋問題(3手詰)を解きながら歩くウォークラリーです。

詳しくはこちら

第72期 将棋名人戦

国内最高峰の棋戦「第72期 名人戦」が熱塩温泉で開催されます。森内俊之名人 対 羽生善治三冠によるトップレベルの戦いをご覧ください。

詳しくはこちら

菜の花フェスタin三ノ倉高原花畑

三ノ倉高原「菜の花畑」は、昨年より約3倍の面積に拡大してみなさまをお出迎え!
多種多様な催しをご用意しています!

詳しくはこちら

天神様の蔵めぐり

「会津天神様」をはじめ、レトロな品々が「のぼり」のある掲載店舗でお出迎えしております。

詳しくはこちら


大仏山山開き

うつくしま百名山の一つでもある大仏山(標高708m)の山開き。当日は参加者に記念バッジと地場産品があたるお楽しみ抽選券を配付する。平成17年には登山道も整備され、初心者にとっても登りやすくなりました。山頂からは会津盆地や磐梯山、飯豊連峰の雪渓まで見渡せます。
写真は左から受付の様子、登山の様子、頂上から見える飯豊山の様子。

詳しくはこちら


第31回 ひめさゆり祭り

薄紅色の可憐なひめさゆりを見に、また自然の中で日頃の疲れを癒しに「ひめさゆり祭り」にお越しください。

※ひめさゆり群生地内の遊歩道散策の際は、環境保護および祭り運営資金協力費として1人200円の負担をお願いします。

詳しくはこちら

さつきまつり

喜多方市の初夏を彩る「さつきつつじ」の展示会。

昔ながらの暮らしが息づく蔵とラーメンの町、喜多方は昔からさつき盆栽づくりが盛んで、名人が丹精込めた名品が公開されます。
開催中は、会場となる観光スポット「蔵の里」の入場が無料となり、蔵とさつきのコントラストを楽しむことができます。さながら昭和にタイムスリップしたような心地です。

詳しくはこちら

ひめさゆりウォーク 2014

喜多方市の花でもある「ヒメサユリ」の咲き誇る群生地をめぐり、さわやかな風を受けながらウォーキングしませんか?

詳しくはこちら

花しょうぶ祭り

歴代会津藩主一家の行楽地であり、会津藩指定の御鷹野でもあった「御殿場公園」に咲き誇る3万6千株の旧町花「花しょうぶ」の美の競演。

6月13日(金)から始まるこのイベントは、一番の見ごろを迎える22日(日)にメインイベントの鑑賞会が行われます。咲き競う花しょうぶの中での太極拳表演、花しょうぶ音頭披露、会津藩鉄砲隊による古式砲術演武、さらにはモデル撮影会(有料)など盛りだくさん!
その他、塩川そばの提供や野点での抹茶提供(有料)、地場産品の直売会など多彩な内容で皆様のお越しをお待ちしております。

詳しくはこちら

喜多方・西会津 酒蔵探訪スタンプラリー

 「蔵のまち喜多方」では、霊峰飯豊山の良質な伏流水やお米を用いて、味噌・醤油・お酒の醸造が盛んに行われています。
 なかでも酒蔵は、喜多方市人口約5万人と小さな地域で、酒蔵が10の蔵元が酒造りを続ける日本有数の酒処であり、全国新酒鑑評会でも多くの金賞を受賞しています。
 「酒どころ喜多方」で会津漆器のお猪口を手に、地酒の飲み比べや酒蔵見学をしながら、まち歩きでお好みの地酒を探してみてはいかがですか?

詳しくはこちら


夏そばの花ウォーク

「夏そば」って?という方もいらっしゃると思いますが、喜多方市塩川町駒形地区では、夏に収穫できる「夏そば」を栽培しています。「夏のそばは犬も喰わぬ」という諺は、今は昔の話。6月に花が咲き、7月には収穫できます。
一面に広がるそば畑の奥には、霊峰飯豊山が望めるので、撮影スポットとしても最高です。
ゴール後には地元「会津駒形そばの会」の方による、挽きたて、打ち立て、ゆでたてのそばの提供もあります。
募集人員は先着200名様ですので、申込はお早めにどうぞ。

詳しくはこちら


花しょうぶの里食べ歩き朝散歩

朝のさわやかな空気を吸いながら塩川のまちをお散歩。まちのお惣菜屋さん、魚屋さん、寿司屋さんなどを巡り、「塩川グルメ弁当」を完成させる新企画!いつものお弁当とは一味違うのは間違いなし!
もちろんデザートには、今回も「太郎庵」さんの協力で、特別に作っていただいた「オリジナル朝スイーツ」をご用意しております!

詳しくはこちら


慶徳稲荷神社 お田植祭り

明応年間(1490)に始まったとされ、日本の北限の田植え神事です。昭和63年県重要民俗文化財指定。

詳しくはこちら

2014オリンピックデーラン喜多方大会

「オリンピックデーラン」は、オリンピック選手と一緒にいろいろ楽しんで頂ける、どなたでも参加できる“体験型イベント”です。
 ご参加頂ければ大変良い思い出になると思いますので、ぜひ、ご家族・ご友人お誘いあわせの上、ご参加ください。

詳しくはこちら

第10回 喜多方レトロ横丁

日本中が活気に満ち溢れ、夢と希望を
抱き続けた昭和30年代…

なぜか心温まり、どこか懐かしい…
誰もが愛したそんな古き良き時代に、
忘れかけていた“想ひ出”を探しに

さあ、タイムスリップしよう…


平成17年度のあいづDCをきっかけに生まれたイベント。活力に満ちた昭和30年代を再現し、喜多方に元気を呼び寄せようという想いが込められている。

詳しくはこちら


日橋川「川の祭典」

イカダ下りやニジマスのつかみ取り、ラムネの早飲み大会など朝から晩までイベント盛りだくさん!
イカダ下りでは仮装イカダの部があり、力作揃いのイカダが皆さんを楽しませてくれるはずですよ♪

夜は待ちに待った日中競演花火大会を開催。桟敷席のご用意もございますので、ご家族と、恋人と、友達と、サークルメンバーと、特等席にて夏の夜空に咲き誇る花々をお楽しみください。(要予約、定員になり次第締め切り)

詳しくはこちら


ニッコウキスゲ花まつり

ニッコウキスゲが見頃になる時期にあわせて行われるお祭りです。地元の方々による手作り感たっぷりのあたたかいお祭りです。

詳しくはこちら

親子ふれあい 星空ウォッチング

山々の澄んだ空気に、満点の星空がきらめく中…
家族で、恋人と、あるいは一人で…
宇宙の不思議を感じてみませんか?

詳しくはこちら


第7回 喜多方シティレガッタ

今年で7回目を迎えます。夏の暑さに負けずに川面を渡る風になりましょう。夏休みの思い出に、ご家族、ご友人、仕事仲間と楽しくボートに親しみましょう。
初心者の方には、教室も開催しますのでご利用ください。

詳しくはこちら

喜多方発21世紀シアター

今こそ元気を届けたい!

喜多方の街が、おおきな劇場になる日

 演劇・音楽その他芸能関係何でもあり、しかも子どもを中心とした家族みんなのための公演がいっぱいのアートフェスティバルです。

詳しくはこちら


蔵のまち喜多方夏まつり

■8月14日
・16:30〜 子どもまつり囃子
・19:00〜 会津喜多方蔵太鼓
・19:30〜 会津磐梯山庄助おどり


■8月15日
・18:45〜 太鼓台競演

詳しくはこちら


山都町「6000人の盆踊り」

山都町の夏祭り。山都町独特の甚句に合わせて老若男女が時を忘れて踊ります。特設のステージでは、飯豊権現太鼓の演奏や、キャラクターショーが開催され、山都の夏を盛り上げます。

詳しくはこちら


抽せん付スタンプ蔵めぐり・夏

市内の十数カ所ある会員店をまわり、スタンプを集めて地場産品が当たる抽せんに参加しよう!

詳しくはこちら

三ノ倉高原ひまわりフェスタ

東北最大規模を誇る約200万本のひまわりが皆さまをお待ちしております!高原の風を浴びながら、会津盆地を背に豪快に咲き連なるひまわりを、この機会にぜひ体感してください!

詳しくはこちら


しおかわもっと元気市ビアガーデン

エゴマ豚を使ったおつまみや、塩川B級グルメでお馴染の鳥モツなど様々な料理はもちろんのこと、生バンド演奏やお楽しみくじなど親子で楽しめるイベントも盛りだくさん!!

家族みんなで、職場の同僚と、帰省中の友人と、みんなで塩川の元気を味わいましょう!

詳しくはこちら

喜多の郷祭り

道の駅 喜多の郷で行われるこの夏お届けするなかでの最終期の祭り。
さまざまなコンサートも行われる予定となっておりますので皆様お誘いあわせの上お越しになっては見ませんか?

詳しくはこちら

第30回蔵のまち喜多方 観光写真コンテスト

 喜多方市、北塩原村の北山・大塩地区において風土にとけあった蔵や名所旧跡(蔵の町並み・勝福寺・願成寺・長床など)、自然(しだれ桜並木、雄国からの風景、雄国沼)、郷土芸能(彼岸獅子・太々神楽など)、祭礼、夏まつり、SL、その他情緒にあふれる素材を題材に「観光ポスターや観光パンフレットなどで喜多方をひろく宣伝できる写真」を募集します。

詳しくはこちら

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト「精神の北へ」

会津出身のアーティストの展示展や、その開設のフリートーク、他にもトークセッションなど会津出身の方々を知ることが出来るプロジェクトとなっています。

詳しくはこちら

そばの花ウォーク in 雄国 2014

秋に実りを迎えるそばたちの花に囲まれながら雄国を歩いてみませんか?

詳しくはこちら

第6回 山都かあちゃんたちのそば祭り

山都町のかあちゃんたちお手製のそばを振舞います。
山都の母の味を味わってみませんか?

詳しくはこちら

音CON〜音のある街コンサート〜

喜多方のメインストリートに様々なジャンルの70組を超えるアーティストが集合!いたるところで音楽にふれられます♪

詳しくはこちら

第11回 太極拳フェスティバル

 太極拳のまち喜多方のシンボルイベントとして定着した「太極拳フェスティバル」です

詳しくはこちら

蔵のまちアートぶらりー

まち中でさまざまなアートに出会えます。
蔵のまちアートぶらりーの魅力はなんといっても「人」。参加施設のオーナーや作家とはもちろんのこと、見知らぬ人同士が作品の鑑賞を通して交流できるのが、蔵のまちアートぶらりーの醍醐味です。

みなさんもこの機会に、アートにふれ、人にふれるたのしさを味わってみてはいかがですか?

詳しくはこちら

第1回 日中線秋のしだれ桜延長ウォーク

旧国鉄 日中線の廃線跡を歩く、約12劼離Εークイベントです。

詳しくはこちら

福島現代美術ビエンナーレ2014

 「福島ビエンナーレ」は、福島大学 芸術による地域創造研究所が中心となって、ビエンナーレ(隔年)で開催されてきた芸術祭です。10年目のテーマは「氣 circulate」
 湯川村は「福島一小さな村」で、美味しいお米の生産地として知られ、福島で唯一の国宝の仏像(勝常寺)が安置されています。喜多方は、お米に加えて酒や味噌、せんべいなどを作り、西の倉敷に対する東の蔵の代表的な町として知られています。
 東日本大震災後、福島の風評被害で最も大きな痛手は「食の文化」でしょう。会津にとって稲作文化は、地域の風景を形作り、豊穣の祈りを捧げる伝統芸能や神社仏閣の文化を育んだ精神的な基盤でした。飯豊山と磐梯山から流れる川の流れは田を潤し、地域の文化を形作り、人々の体内を「循環」してきました。
 福島ビエンナーレは今年、「氣 循環」をテーマに、あらためて私たちの自然と精神文化の継承と地域文化の活性化、新しい「FUKUSHIMA」のイメージづくりの一端を担っていきます。

詳しくはこちら

山都新そばまつり

山都のおいしいそばが集まる新そば祭り。
さまざまなそばが集まります。
食べ比べやお気に入りのそばを探しにぜひ来てみませんか?

詳しくはこちら

会津塩川バルーンフェスティバル2014

全国から約30基の熱気球が参加し、喜多方の秋空を舞台に競技を繰り広げます。

熱気球による体験搭乗や花火とのコラボが見事な「ナイトグロー」も開催します。

詳しくはこちら

会津たかさと雷神新そばまつり

秋に行われる高郷の新そば祭り。
高郷のおいしいそばを味わってみませんか?

詳しくはこちら

会津たかさと雷神新そばまつり

「雷神そば」は、高郷の大地で自然の恵みをそのままに刈り取った新そばを古来より伝承された手法で、「ひきたて」「うちたて」「ゆでたて」と、かたくなまでにこだわり、また、地元産そば粉を100%使用し、塔ノ窪から湧き出る「きたかたの幸水」を使って、つなぎなしで手早く打ち上げる絶妙の技とのど越しをご賞味ください。

高郷の地酒「会津錦」を飲みながら「雷神そば」を食べると
 一度食べたら 「こでらんにぞい」
 こんなに食べて 「なじょすんべぇ」
 いやいやおめさんなら 「さすけねぇ」
こんな会話が聞こえてきそうです。是非お出で下さい。

詳しくはこちら

岩月新そばまつり・交遊館まつり

新そばまつりと交遊館まつりの共同開催です。
新そばはもちろん、模擬店やフリーマーケット、各種展示やお餅のサービスなど、様々な催しをご用意しています。
沿道ののぼり旗を目印にお越しください!

■開催時間:10:00〜15:00

詳しくはこちら

雄国新そばまつり

雄国山麓で育った新そばをどうぞご賞味ください。

詳しくはこちら

新そば舌調べ

地元産のそば粉を使用し、「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」の三たてにこだわったそばです。名人が精魂込めて打ったそばが食べ放題で堪能できます。

詳しくはこちら

上高額新そばまつり

良質で厳選されたそばの実を使用し、そば通をも満足させる細めで喉ごし良く風味の強さも自慢の十割そばです。

詳しくはこちら

第14回塩川新そばまつり

雄国山麓で育まれた「とれたて」「挽きたて」「打ちたて」のそばを提供。地元産品の展示即売も行われます。

詳しくはこちら

精神の<北>へ spirit of

 独自の文化を育んできた豊穣な東北。
 世界の北方とつながる東北を明らかにするため、これらの人々同士の響きあう精神性や世界観を探るアート活動です。
 地域と関わりながらの滞在制作と展覧会の開催、東北の人や地域を記録するアーカイブ作成、北を志向する人の心性に触れるシンポジウムなど、多面的なプランによって精神の<北>を検証し、東北の3.11からの再生を応援します。
 ノルウェイとスコットランドからアーティストを迎えた2013年に続き、今回は東北にゆかりのある4人の表現を紹介します。

詳しくはこちら

第14回 蔵のまち喜多方 冬まつり

冬の喜多方に賑わいを!!
毎年グレードアップする喜多方冬まつりを、どうぞお楽しみください!

詳しくはこちら

蔵・倉かんじきウォーク

かんじきを履いて冬の自然を満喫しよう!

詳しくはこちら