弾正ヶ原

明治15(1882)年、福島県令三島通庸の住民の人権を無視した強引な「会津三方道路開削計画」に抗議し、民権派の指導的立場だった宇田成一らが不当逮捕された。民権派農民はついに行動に踏み切り、同年11月28日、弾正ヶ原に集会を持った千数百名は、同志の釈放を求め喜多方署に押し寄せた「喜多方事件」。この事件がきっかけとなり、全国的に自由党と政府の対立事件がみられるようになったことから、弾正ヶ原は、自由民権運動発祥の地として保存されている。(市指定史跡)

スポット基本情報

お問い合わせ先
喜多方市文化課
開催場所
〒 969-3533 福島県喜多方市塩川町新江木字弾正ヶ原2125ほか
電話番号
0241-24-5323