石室観音(赤崎三十三観音)

石室観音(赤崎三十三観音)

いつの頃か赤崎村の瓜生出雲という富豪が、上三宮から熱塩の金屋までの道筋に三十三観音を安置したと伝わっている。現在では三十三カ所のうち十数カ所が残り、仏都会津らしい素朴な民間仏教信仰の広がりを偲ぶことができる。また終点である三十三番の観音様のある熱塩加納小学校前には草木塔という珍しい供養碑(市指定文化財)も立てられている。